ジャムウハーバルソープでケアしよう【雑菌の繁殖を防ぐ効果】

毎月の痛みの理由

悩む女性

痛みのメカニズム

毎月悩まされる生理痛ですが、なぜ痛みが発生するのでしょうか。それには、生理痛が起きる仕組みを知る必要があります。女性は妊娠の有無に関わらず、子供を授かる準備が体の中でされています。まず脳から指令を受けた卵巣が卵胞ホルモンを作り、子宮内膜が厚くなってきます。これは赤ちゃんのベッドとなる機能を果たすのです。その後排卵し黄体ホルモンが分泌され、子宮内膜が更に厚くなるように働きかけます。この赤ちゃんのベッドといえる子宮内膜は、妊娠成立時に受精卵を育てる為に使用されます。妊娠が成立しなかった場合、このベッドは出番がない為、命が授かる準備をしておくという役目を終え血液と共に排出されます。その際、この剥がれ落ちた子宮内膜から分泌されるのが、プロスタグランジンという物質なのですが、これが生理痛の原因となるのです。このプロスタグランジンが子宮を収縮させ、必要なくなった子宮内膜を血液と共に体の外へ排出します。これが月経です。この際には身体が冷えることで、血液の流れが悪くなります。血行が悪くなることで、この不要になった子宮内膜の排出がスムーズに行われず、生理痛が強くなってしまうのです。生理痛の原因はこれだけではありません。他にも、子宮内膜症や子宮腺筋症等の婦人科疾患、運動不足等が、痛みの原因になると考えられています。自分の生活習慣が痛みを増加させていることも考えられる為、生活習慣を見直すことも大切です。生理痛を和らげるために血行を促進する運動を定期的に行なう、サプリメントを飲む、生理痛を和らげる漢方薬を服用する、婦人科で診察を受けて原因を探るなど、自分に合った生理痛緩和策を考えましょう。